獄長オススメ切ないアニソンランキング

スポンサードリンク

【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

アニソンと言うのは1クール3ヶ月毎週続くので、
ストーリー内容と当時の私生活が複雑に絡み合って
思い出補正も膨れ上がるというもの。

当然、年代によって懐かしい作品は違うが、
アニソンの思い入れは一般のJ-POPより深いんじゃなかろうか?

 

・秘密基地

獄長がとあるアニソンDJに紹介され、この曲を初めて聞いたとき

その歌詞の内容と独特な歌声の切なさに

失禁が止まらなかったのを今でも覚えている。

アニメの内容を超越したアニソンであることは間違いない。

 

 

 

・Zzz

切ないアニソンとなれば必然的にED中心となってしまう。

サザエさん、ちびまる子ちゃんなどに代表されるように
日曜の夕方EDが流れるだけで切なくなってしまうこともある。

大人になると、EDの始まりと共に現実に戻り
明日の仕事を思い出されるのもかなり切ない。

学校が始まる切なさなど、
会社が始まる切なさの比ではないのだから。

 

 

虹と太陽の丘

片思い、自分の無力感などテーマはあるが、
やはり最強はノスタルジックな時の流れではないだろうか?
幼少の頃、らんま1/2を観ていたという記憶はないのだが、
この曲は不思議と覚えている。

恐らく再放送で断片的に観ていたんだろう。
アニメ本編の内容は全く覚えていないが、
このEDを聴くとなぜか涙が出てしまう。

 

 

・時を置いて

こちらも個人的に思い出の曲。

本編に思い入れがないのは謎だが。

「燃えるお兄さん」のED。

ちなみにOP石川優子さんの「ドリーミードリーマー」もオススメ。

 

スポンサードリンク
RETURN TOP
スポンサードリンク