東京マグニチュード8.0

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

東京マグニチュード8.0は、巨大地震に見舞われた東京で生き残った少女・小野沢未来を主人公として、被災者である未来が震災を経て成長していく姿を描いた近未来SFアニメである。

2009年7月から9月までフジテレビ、ノイタミナ枠で放送された。

元来、若い女性向けの放送枠のコンセプトから離れた大胆なストーリー展開が話題になった。

防災や被害などに関するデータを分析してリアルに東京での大震災の様子を描いており、マグニチュード8.0の地震が起こるとどうなるのか緻密に作品化されている。

制作は作画に優れているボンズとキネマシトラスが共同で行い、監督は攻殻機動隊のスタッフであった橘正紀が担当し、好評を博している。

文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の優秀賞を受賞した作品である。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク