少女革命ウテナ

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

少女革命ウテナは、男装の麗人である主人公のウテナが入学した学園で薔薇の花嫁と呼ばれている少女と出会い、世界を革命する力を得るべく生徒たちとの決闘ゲームを戦っていく姿を描いたアニメである。

1997年4月から同年12月まで放送された。

制作はJ.C.STAFFで、この作品によって作画に優れた会社としてアニメファンに認知されることになる。

監督は美少女戦士セーラームーンを手がけた幾原邦彦で、宝塚歌劇団や前衛舞台を思わせる不思議な空間を舞台にアバンギャルドな演出を加えて、天才・鬼才の名をほしいままにした作品。

薔薇や王子様、おとぎ話やいにしえの貴族といった少女漫画的なモチーフと、同性愛や近親愛などのタブーを少女向けアニメに持ち込み、大成功を収めた。

 

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク