梶浦由記

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

1965年生まれの梶浦由記氏。

音楽プロデューサーとして以外にも作曲や作詞、編曲などを手掛ける音楽アーティストで、独特な曲調は「イントロを聞けばすぐにわかる」という人もいるほど。

拍子は8分の6が得意で、全体的な印象はニューエイジ的なラインが多いのが、彼女の特徴。

また、メインボーカルにかぶさるようなバックコーラスの使い方が絶妙で見事なのも、梶浦ソングの魅力である。

梶浦由記氏は、ビデオゲームやテレビアニメの主題歌、CMソングなどを手掛けることも多く、近年ではソードアート・オンラインやソラノヲト、黒執事Ⅱなどがある。

テレビで姿を見る機会はとても少ない人物だが、「世界里山紀行」や「経済羅針盤」などのテレビ番組挿入歌や主題歌などを手掛けていることでも知られているアーティストである。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク