坂道のアポロン

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

坂道のアポロンは1966年初夏の長崎県佐世保市を舞台に、主人公の男子高校生・西見薫は、船の乗組員である父親の仕事の事情から横須賀から佐世保東高校に転校してきたが、蛮カラな男・川渕千太郎との巡り会わせによってジャズの魅力にはまりながら、また恋の行方も複雑になる音楽を題材にしたアニメである。

原作は月刊フラワーズで連載していた小玉ユキによる漫画(全9巻 + 番外編1巻)である。

アニメーション制作はMAPPAと手塚プロダクションが手がけており、監督は渡辺信一郎がつとめ、声優は木村良平、細谷佳正、南里侑香などが出演している。

作品は「このマンガがすごい! 2009」オンナ編で1位になっているほか、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞している。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク