精霊の守り人

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

上橋菜穂子によって書かれた、異世界ファンタジー小説「守り人シリーズ」の1つである精霊の守り人は、アニメ化されて2007年4月から9月までNHKで放送された。

槍使いの名手である女性主人公のバルサは、皇国の皇太子を救い、その身を護衛しながら皇太子の出生や伝説にかかわる謎を解いていくというストーリー。

スタッフは「攻殻機動隊」で世界的な名声を獲得している神山健治監督、制作はProduction I.Gが担当し、豪華な映像で話題を呼んだ。

主人公バルサの声優である安藤麻吹などを中心に舞台やドラマ、映画などで活躍する俳優・女優を多数起用し、ファンタジー世界ながらリアリティある映像とともに独特の作品を作り上げている。

また、主人公役を綾瀬はるかが演じる実写ドラマ化も発表されている。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク