UN-GO

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

UN-GO(アンゴ)とは、フジテレビ系列のノイタミナ内にて放映されたオリジナルアニメ。

明治時代の人気作家坂口安吾の小説「明治開化 安吾捕物帖」、「復員殺人事件」のストーリーを原案として近未来にアレンジした作品。

登場人物も原案の登場人物とオリジナルの登場人物両方が登場する。

ミステリー作品だが、主人公は特殊能力を持つ異形であり、SF的な要素をふんだんに取り入れながら、人間模様を描いているドラマ要素も多く含む。

放送は2011年10月~12月で全11話。

監督は 「機動戦士ガンダム00」の水島精二、ストーリー・脚本 は會川昇が担当。

水島精二が自身のツイッターで「ノイタミナで何かやりたい」とつぶやいたことがきっかけで制作が始まった。

プロデューサーであるフジテレビの山本幸治が希望したことで「相棒もの」「社会派」というコンセプトのもとで企画される。

制作ボンズ、「鋼の錬金術師」(第1期)のメンバーが集結した。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク