今敏

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

日本のアニメ界を牽引するアニメ監督の一人として知られる今敏氏。

もともとは武蔵野美術大学のデザイン科を卒業したインテリで、大学在学中に週刊マガジンの最優秀新人賞を受賞したことが、アニメ界でのキャリアを築くキッカケになった。

大学卒業後には講談社に入社し、映画をコミカライズした作品「ワールドアパートメントホラー」や「老人Z」などに携わった。

今敏氏の代表作には、「東京ゴッドファーザーズ」「パプリカ」「アニ*クリ15」などがある。

彼の制作過程はとても理路整然としているのが特徴で、ストーリーをまず考えてから映画製作できるかどうかを検討するのが今敏流。

多くの監督が実践している「映画になりそうなストーリーを考える」という方法ではないのが特徴だ。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク