新房昭之

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


 

80年代に一世を風靡して社会現象まで巻き起こしたアニメシリーズ「うる星やつら」の原画を担当した新房昭之。

その作品がアニメーターとしてのデビュー作品となり、その後も「幽霊★遊★白書」などの大ヒット作品を手がけ、その存在と才能を世間に知らしめた人物である。

彼の作品には特徴的な部分がいくつかあることでも知られていて、アニメ界の一つのトレンドとして熱狂的なファンも少なくない。

例えば、突然目玉がアップする演出や、背景と人物のクローズアップ。

本来なら機械的にクローズアップするのが一般的なシーンでも、手作業でクローズアップすることで特別な印象を与えたり、

カクカクした描き方などで作品のあらゆる部分に動きを与えている。

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク