あずまんが大王

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

月刊コミック電撃大王に連載されていた、4コマ漫画「あずまんが大王」は2002年4月から9月までアニメ化され放送された。

監督はルパン三世シリーズで撮影監督を務めていた錦織博。

制作は少女革命ウテナなど数々の名作を送り出してきたJ.C.STAFFが手がけている。

身長が130センチ台の小さな女の子である美浜ちよを中心に、友人の春日歩や滝野智などの女子高生たちがゆるい日常を送っていく様子を描いた作品で、後にブームとなる「日常系」と呼ばれる作品の先駆けと言われている。

アニメ化されたのは2000年だが、当初はインターネット上の配信のみだった。

評判を呼び、2002年にテレビアニメとして放送されている。いわゆる萌え系・空気系などと呼ばれるジャンルを生んだ作品としてアニメファンの間では認知されている。

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク