富野由悠季

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


日本のアニメーションを牽引する富野由悠季氏。

アニメーション監督として活動するだけでなく、脚本家や演出家、小説家などとしても活躍している人物である。

日本で初めて放送された超人気アニメとして知られている「鉄腕アトム」はシニア世代にとっては懐かしさこの上ない連続アニメですが、富野由悠季氏は鉄腕アトムの政策にも携わってきた重鎮。

代表作には「伝説巨神イデオン」や「機動戦士ガンダム」などがある。

もともと富野由悠季氏はアニメ制作ではなく映画監督を志望していたそうだが、大学卒業時に就職活動をしていた時期は、ちょうど映画会社が新卒採用を見合わせていた不運な時期。

映画関連の就職先はアニメを手掛けるプロダクションしかなかったそうだ。

しかし、そのきっかけが富野由悠季氏にとっては大きなキャリアへの入り口となり、日本のアニメ界の幕開けとなった。

 

 

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク