押井守

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


 

映画監督やゲームクリエイターなど、たくさんの才能を持つ押井守氏。

小説家や劇作家、脚本家などとしても活躍しているだけでなく、大学教員として教壇に立つ人物である。

もともとは映画監督として活動していた押井守氏は、アニメ映画や、アニメに実写的な要素を取り入れた新しいスタイルの映像表現を作りだした人物としても知られている。

それまではアニメ映画というと2Dの平坦な画像が一般的だったが、より実写に近い3Dの要素を取り入れたり、

デジタル加工などによって従来のアニメとは別の世界観を表現している作風が特徴である。

押井守氏のモットーは、少ない人数でも繰り返し見て楽しんでもらえる映像を作ること。

ストーリーは完全に把握するほど見尽くしても、違った方向から映画を楽しめたり、新しい発見をしてほしいと、細部にも手を尽くして完成度の高い映像を提供してくれている。

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク