gdgd妖精s

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


「gdgd妖精s」は、菅原そうた原案によるテレビアニメ。

フルCG形式にて制作され話題に。

2010年10月~12月に第1期、2013年1月~3月までに第2期がそれぞれ放映、さらに2014年には劇場版のアニメ公開もされている。

MikuMikuDanceというものがアニメーション制作に使用されており、ギャグにパロディが多数使われている作品だ。

ストーリーはピクピク、シルシル、コロコロという3人の「妖精の森」にすむ妖精たちが主役。

妖精たちの森で起きるぐだぐだでシュールなストーリーを15分枠で放映。

本編は3つの要素で構成されている。

各話のテーマに沿っておしゃべりをする「gdgdティータイム」、魔力が増える部屋の「メンタルとタイムのルーム」、異世界が見える「アフレ湖」の3部構成。

 

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク