輪るピングドラム

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


輪るピングドラムは、双子の兄弟・高倉冠葉と高倉晶馬が主人公。

妹の陽毬と行った水族館で陽毬が倒れ、搬送された病院で死んでしまう。

しかし、陽毬は突然生き返るどころか水族館で買ったペンギンの形の帽子を被った別人格の「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」に変わっていた。

彼女は陽毬の命と引き換えにピングドラムの取得を兄弟に命令したことから、さまざまな事件が起こり始めるシュール・ファンタジーアニメである。

監督・脚本は、「少女革命ウテナ」でお馴染みの幾原邦彦。

家族を題材として作り上げた、オリジナル作品だ。

アニメーション制作はブレインズ・ベースが手がけ、声優は木村昴、木村良平、荒川美穂が出演しており、作品では「銀河鉄道の夜」がしばしば引用されている。

 

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク