true tears

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


true tearsは、絵本作家を目指している高校生の仲上眞一郎を主人公として、
同じ高校に通う両親を亡くした湯浅比呂美や幼馴染の安藤愛子、
眞一郎の親友で同級生の野伏三代吉らを交えて
自分たちの人生についての考えを深め合ったり、
悩みを打ち明けあけたりしながら成長していく姿を描いた青春アニメである。

2008年1月から3月まで放送。

制作はこれが初の元請作品となったP.A.Works、
脚本は「とらドラ!」など青春物を得意とする岡田麿里が担当し、
「シムーン」の端正な画面作りで評判となった西村純二が監督を務めている。

同社はアニメ業界には珍しく東京ではなく、
富山県内に本拠地を構えるアニメ制作会社。

県内をロケーションして物語の舞台とし、流麗な背景で評判となり、
主人公を含む4人は南砺市から特別住民登録されるほどの評判となった。

 

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク