アニメ「ワカコ酒」紹介

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

女一人で飲み屋に入り、1品料理とそれに合った酒を呑むだけという3分枠の画期的なアニメ「ワカコ酒」。

原作は、一足先にドラマ化もされている人気漫画「ワカコ酒」。

累計出荷数が100万部を突破したほどの人気や内容に女性版「孤高のグルメ」とも呼ばれ、徐々にその人気が広がっている作品。

独特な画のタッチからなる主人公の村崎ワカコは、仕事帰りなど一人で料理を肴に酒を呑む少し変わったOL。

ワカコは飲兵衛ということもあり、馴染みの店から初めての店も一人で訪ねては至福なひとときを過ごすのが生き甲斐。

酒の種類は肴に合わせてさまざまな種類のものを飲むことが多いようで、基本マイペースに一人酒を楽しんでいる。

旨い料理と酒の相性が合った時の決め台詞「ぷしゅー」が当アニメ1番の見どころ。

その他にも、ワカコの心の声やちょっとした店員や客とのやりとり、中の人であるみゆきち(沢城みゆき)声のマッチングも完璧。

また、その一話ごとの長さが短いこともあって何度も繰り返し見てしまう、中毒性のあるアニメとなっている。

韓国でもワカコ酒をリメイクしたドラマ放送がされており、日本だけに止まらず海外までその面白さが広がっている名作と言えよう。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク