アニメ【紹介】血界戦線

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

アニメ血界戦線は原作の漫画を元に、そこにアニメオリジナルキャラクターを交えたストーリー展開となっている。

しかも原作自体が終了していないこともあり、アニメ版を綺麗に終わらせるため終盤はオリジナル展開となった。

オリジナル展開を入れると、賛否が分かれることが多いのがアニメの常なのだが、血界戦線に関してはおおむね成功したと言えるだろう。

その理由としては、アニメオリジナルキャラクターの自然さ。

無理にオリジナルキャラを放り込むのではなく、どのように入れたら世界観に馴染むかを丁寧に考えているのが伝わってくる。

また血界戦線はその世界観がいわゆる一般的な日常を描いたアニメとは異なるため、様々な場面で状況説明や固有名詞の説明が必要になるのだが、アニメでそれをキャラクターに発言させるのではなく、あえて文章としてテレビ場面に写す事により、30分アニメの尺を有効に使用している。

その他にも血界戦線は、文字の演出を漫画同様に格好良く使っている点が特徴。

登場人物たちが必殺技を言うアニメは他にも数多くあるが、必殺技の使用時にその名称が大きくシーンに出てくるアニメは血界戦線ぐらいか。

見た目の演出にもこだわり、奥深い内容が視聴者に伝わるよう最大限の配慮がされたこの作品は、原作をとことん追求して作られた非日常系娯楽アニメといえるだろう。

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク