夜ノヤッターマン 紹介

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

ヤッターマンと言えば2009年には実写映画化されたこともある、いわばヲタ以外にも十分知名度のある国民的アニメ作品。

古くは1977年から全108話も放映されたほどのタツノコプロを代表するテレビアニメシリーズの1つ。

これを原典として、2015年の1月から3月まで放送されていたのが、アニメ「夜ノヤッターマン」。
今回の作品の主人公は、斬新にもヤッターマンの敵であるドロンボー一味という、言わばスピンオフというやつ。

厳密に言うと、かつてのドロンボー一味の末裔と言う設定である。

発表されたアニメ、「夜ノヤッターマン」のキービジュアルでは、ボヤッキー、トンズラーの子孫である男性を従えた、9歳の何とも可愛らしい少女が描かれており、特に一部のファン層から非常に大きな話題となった。

そして物語の舞台が、ヤッターマンの作り上げた王国が、年月の経過と共に民衆にとっては楽園ではなくなった世界と言うのも、オールドファンにとってはそれなりの衝撃を与えた。

その善と悪が逆転した世界で、ドンボー一味の三人は旅するのだが、その最中で少年少女に出会う。

この少年少女を演じていた声優が、2008年から2009年にリメイクとして放送されたヤッターマンにおいて、それぞれヤッターマン1号・2号を演じていた2人という。

これ以外にも、ヤッターマンシリーズファンにとってはたまらない仕掛けも物語の随所に交じっており、ファンは勿論のこと、それ以外の人でも楽しむことができる娯楽作品に仕上がっている。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク