ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」通称「ダンまち」は、大森藤ノ氏のライトノベル小説を原作として、2015年の4月から放送されたアニメ作品。

広大な地下迷宮、『ダンジョン』を中心に栄えている都市オラリオを舞台に、冒険者の少年ベルと、彼が所属しているファミリアの女神ヘスティア、そして2人を取り巻く様々な人物たちの日常と冒険を描いたファンタジー作品。

もともと原作小説も人気であったが、アニメの第1話が放送されるや否や、あるキャラクターの服装に大きな注目が集まることとなる。

それがヘスティアの服装であり、胸の下を通すように二の腕を青い紐で結んでいると言う服装。

これは『例の紐』と言う呼び方でもってして、イギリスのタブロイド紙でも、ヘスティアの画像つきで紹介されたほどの大きな反響を呼ぶこととなる。

しかしその要素を除いても、少女でありながら一人称が『ボク』であり、ロリ顔にエロい身体、そしてベルに対して惜しみない愛情を注ぐヘスティアは、あっと言う間に多くのヲタから人気を集めることとなる。

そしてまた、ベルやその仲間たちが、冒険者として少しずつ成長していく過程も視聴者の心を揺さぶり、アニメ終了後には続きを希望する声が多くあがっている。

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク