終わりのセラフ

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

「終わりのセラフ」とは、同名作品のマンガのアニメ化。

ある日突然未知のウィルスが蔓延し、世界中の大人たちのほとんどが死に絶える。

しかもそこに、地下世界に住んでいた吸血鬼が大挙して襲い掛かってきたため、人間世界は壊滅状態に陥いる。

そんな中なぜか生き残った子供たちは、吸血鬼たちの住む地下世界に囚われ、彼らに血液を提供することで生かされ続けた。

百夜優一郎もそのうちの一人で、百夜ミカエラたち仲間と共に、百夜孤児院で家族同然のコミュニティを作り、暮らしていた。

そんな彼らの願いは、吸血鬼たちの手から逃れ、地上に脱出すること。

現実的には難しいと思われていた願いだったが、ミカエラは地下から脱出するためのチャンスを窺っていた。

そしてそのチャンスが訪れた時、優一郎とミカエラは幼い「家族」を連れて、脱出を決行。

上手くいくかと思われた脱出だったが、それらは全て吸血鬼の図った罠、あと一息というところで行く手を吸血鬼に塞がれてしまう。

それでも脱出を諦めきれない優一郎とミカエラは、そんな二人の前で幼い「家族」たちが次々と吸血鬼によって命を奪われ、ミカエラまでもがその手にかかってしまう。

ミカエラを助けようとする優一郎だが、ミカエラは優一郎だけでも地上へ逃げるよう促す。

そして優一郎は一人逃げ延び、吸血鬼たちへの復讐を誓う。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク