剣風伝奇ベルセルク

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

「剣風伝奇ベルセルク」は、「ベルセルク」という三浦建太郎の大ヒット漫画をアニメ化したもの。

原作は雑誌「ヤングアニマル」に不定期連載されており、海外でも大人気となりコミックは国内で2400万部、海外でも700万部売り上げている。

2002年には手塚治虫文化賞の漫画優秀賞を受賞している。

ストーリーは、中世ヨーロッパを舞台に、巨大な剣を持つ剣士ガッツの復讐劇を描いた劇画調のダーク・ファンタジー。

キャラクターの繊細な感情表現と壮大なストーリーが人気を呼んでいる。

アニメは1997年10月から1998年3月まで全25話を日本テレビ系の深夜枠で放映。

原作の黄金時代篇に基づきストーリー展開を行っているが、オリジナルストーリーも挿入され、過激な描写は控えめになっている。

「世界戦略アニメ」と位置づけて衛星放送など世界へのセールスも視野に入れ、日本テレビによって制作された。

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク