攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

1995年に劇場公開されたアニメ映画として大人気の「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」。

2008年にはCGを駆使してリメークされた「攻殻機動隊2.0」も話題となった作品である。

この作品はSF的な要素がふんだんに盛り込まれていて、日本国内だけでなく、アメリカのハリウッドでもビルボードのビデオ売上げ1位と言う実績を持つ人気作品。

境各国でビデオやDVDを130万本売り上げるほど注目度の高い作品だ。

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLは、2029年と言う近未来において、他人の脳をハッキングするという事件が発生。

公安とハッカーたちとの攻防が描かれている作品になっている。

作品の中ではロボット人間なども登場し、近未来における私たちの生活を垣間見れそうな見どころも満載だ。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク