ほしのこえ -The voices of a distant star-

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

2002年に劇場公開されたアニメ映画として大人気の「ほしのこえ -The voices of a distant star-」。

通常の場合、アニメ映画の製作は多くのスタッフが役割分担をしながら作り上げていくのが一般的だが、この作品は監督である新海氏が一人で監督から脚本、演出、美術や編集などを手掛けた作品として注目された映画である。

そして、彼は「世界に届く才能」と当時の石原慎太郎都知事から絶賛されたというエピソードも残っている。

「ほしのこえ -The voices of a distant star」は、2039年と言う近未来において人類が火星における研究や開発、異生命体との攻防などを描いた宇宙アニメとなっている。

宇宙に興味がある人はもちろん、近未来がどうなるのか垣間見たい人などにとっても見どころ満載の作品である。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク