パプリカ

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

永遠の名作として知られる「時をかける少女」の原作者でもある筒井康隆氏によって書かれたSF小説を原作とする「パプリカ」。

2006年にアニメ映画として誕生した作品で、衝撃的な「私の拳が、犯されている」というキャッチコピーで一世を風靡したことでも知られている。

この作品は、主人公でサイコセラピストの敦子が夢を共有するDCミニと言う装置を盗まれてしまい、それが悪用されているという事件を解決に導くというSF作品だ。

パプリカは日本国内でも大人気作品だが、アメリカでも公開9週間の興行収入がなんと1億円と言う爆発的な人気を博した作品。

アメリカで日本のアニメ作品が1億円以上を稼ぐことはそれほど一般的ではなく、パプリカはそんな数少ない作品の一つとなっている。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク