おおかみこどもの雨と雪

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

2012年に劇場公開されたアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」は、宮崎葵さんや大沢たかおさんなど旬の俳優たちが声優を務めたことでも話題となった作品である。

ストーリーは、主人公である雪が母親の半生を思い描くというスタイルで始まるが、日常生活とファンタジーな要素が見事にコラボしているアニメならではの心温まるストーリーになっているのが特徴である。

この作品は、アニメ映画の大ヒット直後に漫画版やスピンオフ漫画の連載が始まるなど、映画の人気が他の媒体へ広がったのが特徴だ。

劇場版では公開2日間だけで興行収入3億円以上を売り上げた大人気映画で、日本国内だけではなくフランスでも「ディズニーよりも優秀な作品」と高く評価されているほどである。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク