王立宇宙軍 オネアミスの翼

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

もともとはSFアニメ映画として誕生した「王立宇宙軍 オネアミスの翼」。

当時は一世を風靡するほど注目された作品で、宣伝やプロモーションなどにかかった費用をすべて含む製作費はなんと8億円。

当時のアニメ作品としては群を抜いて高額製作費の作品である。

王立宇宙軍 オネアミスの翼のストーリーは、地球ととても良く似ているもう一つの星を舞台にした壮大な宇宙ドラマとなっている。

非現実的な宇宙と言う世界における人々の生活や人間模様が見事に描かれているこの作品は、アメリカのハリウッドでも高く評価された作品で、元ライブドア社長の堀江貴文氏も、この作品に大きな影響を受けて宇宙事業への参入を目指していると言われているほどである。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク