デンキ街の本屋さん

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

2011年に連載がスタートした大人気ラブコメディとして知られる「デンキ街の本屋さん」。

日本を代表する電気街として有名な東京の秋葉原を彷彿させるような雰囲気を持つ電気街を舞台として、スタッフたちの日常生活や恋愛などを軽いタッチで描いている作品である。

もともとは月刊誌に連載されていた漫画だったが、単行本にもなっていたり、女性から劇的な支持を受けて2014年からテレビアニメ化もされている作品である。

デンキ街の本屋さんの魅力は、日本国内だけではなく海外でも人気があるという点。

台湾においては、この作品の翻訳版が出版され、現地でも胸キュンなストーリーで人気を博している。

ストーリーは1話完結のタイプなので、途中から見始めても十分に楽しめる作品だ。

 

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. AIR

スポンサードリンク