モノノ怪

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

「モノノ怪」は、謎の薬売りを主人公として江戸時代と思われる日本を舞台にしたホラーアニメである。

フジテレビが深夜アニメ枠としてノイタミナを定着させる前の実験的な作品として2007年7月から9月まで全12話が放送された。

薬売りの男は、作品内ではモノノ怪(もののけ)と呼ばれている妖怪たちを斬ることのできる剣を持って諸国をめぐる。

人間の怨念などに取り付いたモノノ怪の真の姿をあばき、退治していくというストーリーをオムニバス形式で作品化している。

和風を取り入れた芸術性の高い美術やデザインや、一見しただけでは解釈が不能な比喩的映像などを交えた独特の世界を表現して高い評価を得ている。

制作はアニメ創成期から活動している老舗の東映アニメーション、監督は以後ガッチャマンクラウズなどのヒット作を放つ中村健二が担当し、一躍有名監督となった。

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク