ガン×ソード

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


 
ガン×ソードは未来世界を舞台に、惑星を放浪する男のヴァンと誘拐された兄を探すヒロインのウェンディが、旅をする先で出会う事件や騒動を描いたSFロボットアニメである。

2005年7月から12月までテレビ東京などで放送された。

主人公のヴァンは天涯孤独の身で独特の価値観を持っており、作中では数々の奇行を繰り広げる。

ヴァンと行動を共にするウェンディも兄に対する異常な執着心を持ち、誘拐犯である「カギ爪」と呼ばれる男を執拗に追い続けていく。

登場人物は狂気を感じさせる変人ばかりで、娯楽性の高い演出や独特なセリフ回しで評判となった。

監督はスクライドやプラネテスなどのヒット作を手がけた谷口悟郎。

制作は大手のAIC社内のASTAが担当し、娯楽性の高い作品ととして知られている。

 

 





スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク