寄生獣 セイの格率

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら

 

寄生獣は、講談社の週刊モーニングおよび月刊アフタヌーンで1988年から1995年まで連載されていた岩明均による漫画作品で、漫画ファンの間では名作として知られていた。

連載終了から20年を経て「寄生獣 セイの格率」というタイトルでアニメ化。

2014年10月から放送が開始されている。

主人公の高校生・泉新一は右手に謎の寄生生物が住み着く。

彼はそれをミギーと名づけるが、実はこの種族は地球人類を根絶やしにすることを目的とした侵略者で、新一はミギーと共生しながら侵略者と孤独な戦いを展開していく。

制作は四畳半神話大系やウルヴァリンなどの名作を世に送ったマッドハウスが担当。

監督は海外で活躍していた清水健一が務めている。

ミギー役の平野綾の演技が評判となっている。

 

 



【総合】おすすめアニメランキング50(獄長調べ)はこちら



【年代別】おすすめ神アニメランキング【獄長調べ】はこちら



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

スポンサードリンク