カテゴリー:監督

  1. 日本のアニメ界を牽引するアニメ監督の一人として知られる今敏氏。 もともとは武蔵野美術大学のデザイン科を卒業したインテリで、大学在学中に週刊マガジンの最優秀新人賞を受賞したことが、アニメ界でのキャリアを築くキッカケに…

  2. もともとは俳優志望だった谷口悟朗氏。 しかし映画監督と言う仕事に興味を持ち、アニメ映画の監督ならば20代で実現することも可能だという話を信じたことがキッカケで、アニメの世界でのキャリアをスタートすることになった映画…

  3. 80年代に一世を風靡して社会現象まで巻き起こしたアニメシリーズ「うる星やつら」の原画を担当した新房昭之。 その作品がアニメーターとしてのデビュー作品となり、その後も「幽霊★遊★白書」などの大ヒット作品を手がけ、その…

  4. 平成の日本アニメ業界を一手に担う映画監督と言えば、宮崎駿氏。 漫画家やアニメーション作家としても活躍する彼は、秋津三郎や照樹務(てれこむ)などの別名でアーティスト活動を行っていることでも知られている。 代表作…

  5. 日本を代表する漫画家と言っても過言ではない手塚治虫氏。 もともとは帝国大学医学部在学中に4コマ漫画に興味を持ったことが、漫画家へのキャリアをスタートするきっかけになった。 医学の知識が豊富という背景を持つ手塚治虫氏の代表作といえ…

  6. 日本のアニメーションを牽引する富野由悠季氏。 アニメーション監督として活動するだけでなく、脚本家や演出家、小説家などとしても活躍している人物である。 日本で初めて放送された超人気アニメとして知られている「鉄腕アトム」はシニア世代…

  7. 映画監督やゲームクリエイターなど、たくさんの才能を持つ押井守氏。 小説家や劇作家、脚本家などとしても活躍しているだけでなく、大学教員として教壇に立つ人物である。 もともとは映画監督として活動していた押井守氏は…

  8. 漫画家として活躍しながら映画監督も務める大友克洋氏。 宮城県出身で手塚マンガを読んで育ち、1973年に「漫画アクション」で漫画家としてデビュー。 代表作には「AKIRA」や「童夢」などがあるが、どちらもペンタッチに頼ることなくイ…

RETURN TOP
スポンサードリンク